きずなや大和まつり AUTUMN2017/9/13

本日きずなや大和まつりを開催いたしました

和やかな雰囲気のなかスタートしました

まずは、野Dさんの弾き語り!

自然と手拍子が始まりました。

続いて、こまち亭まんまさんの落語です

笑い 笑い 笑い

どんどん引き込まれていきます

落語の途中、お客さんからの問いかけにも気さくに応えてくれます

きずなや大和まつりならではの光景です

続いて、昭和歌謡アコーディオン

華乃家ケイさん・福人さん

チンドン、チンドン

最近では珍しいチンドンとアコーディオンで、昭和の懐メロを奏でます

お客さんの表情は自然と笑顔になり、手拍子が湧いてきます

皆さんそろって合唱です。

知ってる唄を、大きな声で歌うとスッキリ!!

ありがとうございました。

きずなや大和まつり AUTUMN

きずなやのことを知ってもらうために!

様々なジャンルのアーティストが集うスペシャルイベント!
みなさまのご来場お待ちしています!

日時:2017年9月13日(水)13:00〜16:00(予定)
会場:きずなやステーション

出演:
マダムシンコ
華乃家ケイ(チンドン・歌)・福人(アコーディオン)
こまち亭まんま
野D

商品提供:マダムシンコ

お問い合わせ:0742-53-8666

きずなや大和まつり SPRING


日時:2017年4月15日(土)12:00〜17:00
会場:きずなやステーション

出演:
昭和歌謡アコーディオン/花乃家ケイ(チンドン・歌)・福人(アコーディオン)
落語/こまち亭まんま
司会/野D・マーフィー

商品提供:マダムシンコ

お問い合わせ:0742-53-8666

植樹体験を行いました

平成29年3月11日 東日本大震災の発生から6年が経過しました。

本日、若年認知症当事者の会「絆」の定例の集まりがありましたので、梅の植樹を体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸内オリーブ基金さんから助成していただいた梅の苗木で今回植樹体験を行いました。

総勢20名の方々と一緒に一本一本丁寧に植えられました。これから時間をかけて大きくしていきますので、時々様子を見に来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有事に備えて、エコストーブで炊飯し、おにぎりを作って食べました。

エコストーブの作り方や、使用方法などわからない事は、きずなやまでお問い合わせください。

釜で炊いたご飯は美味しいですよ~

若年認知症当事者の会「絆」新年会

平成29年1月14日

当事者の会の新年会を追分で行いました。和やかな雰囲気で開催でき、個々で現状の悩み等を話しながら今年もスタートしました。

天気は、今年最大の寒波の日でもあり、雪が降り始めたらすぐに中断も考えておりましたが、無事に開催できました。

新年会の合間に、今年の「大和当帰」の種植えも行いました。まずはポットに植えて苗を大きくしてから、3月後半の春先に畑に植え替えます。今年は300株植える予定にしております。今回植えた種の発芽を楽しみに、これから毎日観察していきます。

飛鳥時代の611年、「日本書紀」に推古朝の「薬狩り」が記されて以来1400年の歴史を受け継いできた奈良の薬草。なかでも薬草の宝物とされるのが「大和当帰」です。

国際ソロプチミスト奈良 第30回チャリティーバザー

 

img_0581

12月2日に奈良ホテル内で行われました、国際ソロプチミスト奈良 第30回チャリティーバザーに出店させていただきました。img_0575

11月にきずなや農園で収穫した大和当帰の葉が、入浴剤の商品となって戻ってきましたので、新商品として出来立てホヤホヤを販売させていただきました。img_0577

 

 

 

 

 

 

 

 

浴槽内で、ゆっくりと溶け出してくる大和当帰葉の香りはリラックス効果もあり、体がポカポカに温まります。是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

img_0583

きずなやが販売させていただいた場所は、正面入り口の真正面に当たる場所で、来られたお客さんおおよそ700人の方が見ていってくださいました。

きずなやの活動を知ってもらうのに、このような販売機会を頂けたことに感謝いたします。

 

第4回 おいわけコミイチプロジェクト

 

2カ月に一回のイベント、奈良おいわけコミイチプロジェクトも、もう4回目の開催になりました。今回のコミイチプロジェクトは、追分にも近く、地域の宝でもある霊山寺さんに会場をお借りして開催しました。

dscf8436

第1部である、住田さんのシェイプアップ講座は、終わるころには手足や全身がポカポカと暖かくなりました。椅子に座ったままでもできる運動なので、気軽に日常に取り入れることが出来そうでした。認知症の当事者さんや高齢の方も楽しそうに参加しておられました。参加された皆さんは音楽に合わせ、上手にリズムをとっておられ、今にも踊れそうなほどでした。

dscf8447

第2部のマダムシンコさんのご講演では、ご主人との出会いから夫婦円満の秘訣について語って頂きました。ご主人とは、隠し事のない関係を築いておられ、相棒であると話しておられました。また、家庭において家を守る女性は強くないといけないこと、男性を立てる時は立てるなど、ご自身の夫婦観について熱く語って頂き、素晴らしい夫婦愛を感じるご講演でした。

dscf8470

第3部は、霊山寺副管長である東山光秀さんから、霊山寺の歴史について話して頂きました。平安時代にインドの僧侶で菩提僊那(ぼだいせんな)が霊鷲山に似ているということから霊山寺と名付けられたそうですが、もしかしたら霊山寺さんにつながる追分の暗峠を歩いておられたかもしれないですね。

dscf8477

ご講演していただいたマダムシンコさん、住田あいりさん、東山光秀さん、そしてご来場してくださった皆さん、ありがとうございました。

dscf8486-a

夏休み最後の思い出に、土や植物と触れ合いませんか?

「おいわけムシとりプロジェクト!!」

ムシ好きのちびっこ集まれ!!
追分で育てている大和当帰につく青虫や虫の卵をとりながら、
植物や土と触れ合って、一緒に自然を感じましょう!!
つめた〜いドリンクとBBQを用意してお待ちしております。
親子でぜひお越しください!!

8月30日(火)9:00〜18:00
虫とり/9:00〜14:00  BBQ/16:00〜18:00
(雨天中止)

集合場所:きずなやステーション

着替えとタオル、長靴を必ずご持参ください。

参加希望者は、前日の17時迄にご連絡ください 。
0742-53-8666 担当:恩塚
info@kizunaya-oiwake.com

平成28年7月3日(日)

13458790_1365646506795778_4609919864368222145_o

奈良を盛り上げるために組織された音楽イベント×福祉

認知症があっても障害があっても、好きなアーティストや音楽を楽しんでもらいたい!という活動です。

IMG_5530[1]IMG_5534[1]IMG_5546[1]IMG_5550[1]

30度を超える暑い一日とでしたが、テントが飛んでしまいそうな強風が吹くなか、無事終えることができました。

80年代~90年代の音楽をメインテーマに色んなアーティストが魅せてくれました。

まだまだできたばかりで周知されていないイベントなので、認知症の方の参加はありませんでしたが、より多くの人が楽しめるイベントにできる様に今後も関わっていきたいです。

松本一生先生講演会

平成28年7月2日(土)13時半より、松本一生先生による「若年認知症の人によりそう~認知症の人とこのまちで暮らし続けるために~」を開催させて頂きました。著名な先生だけあり応募がたくさんありましたが、おいわけきずなやステーションのスペースの関係で20名の方しか参加して頂けず、参加できなかった皆さまには大変申し訳ありませんでした。

あ

〈プロフィール〉

松本 一生 (マツモト イッショウ) 昭和31年11月生まれ。昭和58年3月大阪歯科大学卒業。平成2年3月関西医科大学卒業。大阪人間科学大学人間科学部社会福祉学科教授。松本診療所ものわすれクリニック理事長 院長。大阪市社会福祉研修情報センター認知症相談担当医。大阪市立大学非常勤講師。神戸松蔭女子学院大学非常勤講師。日本認知症ケア学会評議員。(社)認知症の人と家族の会常任理事。厚生労働省「認知症を知り地域を作る」キャンペーン100人会議認知症本人ネットワーク支援委員会委員長。

い

松本先生が提案する薬の使い方や、認知症が進行すると表れる嚥下機能と口腔ケアについてといった医療の実践者としてのお話と、認知症の当事者と介護する家族双方への心理的なサポートが重要であるといった当事者側からのお話をされました。特に看取られた後の遺族ケアまで包括的に行う必要があると言われていたのが印象的でした。

認知症の当事者も家族も診断を受けて以降、進行性の病であるがため段階に応じてメンタルも環境も変わっていきます。相談を受ける担当者が途中で変わることなく、最後を迎えたその後までサポートすることが分かっているだけでも、認知症の当事者、家族の安心に繋がるかもしれませんね。

松本先生のやさしい語り口調が”おいわけきずなやステーション”とマッチしてとても和やかな講演会でした。参加された若年認知症のご家族様からは「患者、家族まで向き合ってくれる松本先生のようなお医者さんが増えてほしい」と話されていました。

松本先生、ご多忙の中、素晴らしい教えを本当にありがとうございました。