本日の作業

4月に入り、草の成長がいっきに進みました。レモンの木が隠れてしまっています。

今日はボランティアさんのお力もお借りして、きずなやメンバーと作業をしました。

まずは、木の周りの草をきれいに刈っていきます。

移植して、完成!

少し動くと汗が流れる季節になりました。しっかりと水分補給して熱中症予防をしていきます。

植樹体験を行いました

平成29年3月11日 東日本大震災の発生から6年が経過しました。

本日、若年認知症当事者の会「絆」の定例の集まりがありましたので、梅の植樹を体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸内オリーブ基金さんから助成していただいた梅の苗木で今回植樹体験を行いました。

総勢20名の方々と一緒に一本一本丁寧に植えられました。これから時間をかけて大きくしていきますので、時々様子を見に来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有事に備えて、エコストーブで炊飯し、おにぎりを作って食べました。

エコストーブの作り方や、使用方法などわからない事は、きずなやまでお問い合わせください。

釜で炊いたご飯は美味しいですよ~

第5回コミイチプロジェクト開催

天候にも恵まれてたくさんの方にお越し頂きありがとうございました!

シンコさんの「わたしはいつもA(明るく)T(楽しく)M(前向きに)」が昨日のお話のキーワード。

自らを広告塔とし、派手な見た目(看板)とは違った繊細でひたむきな思いなど、お話下さいました。

すでに亡くなられたお父様と同じ年の大正生まれのおばあちゃんには、とても親身になって接しておられ、きずなや農園見学中もずっと寄り添って手を引かれていました。

また認知症の人も「前にもシンコさん見たわ!ご縁があるわ」と覚えておられ、公演中にも雑談を交える場面もあり、和やかに終わることができました。

 

住田あいりさんのシェイプアップも音楽に合わせて体を緩められて、寒い冬で凝り固まった筋肉をほぐせました。

運動から遠ざかっている方には、30分間の無料体験として利用して頂いてもいいかもしれませんよ。

 

あとサプライズとして、世界初、”大和橘で作ったアイスクリーム”の試食を行って頂きました。

シンコさんにもご意見を頂いたり、会場からもたくさんご意見を頂き、とても参考になりました。

今後も試行錯誤して完成を目指したいと思いますので、またサプライズ試食会を行うかもしれません。

ご参加頂いたみなさまありがとうございました。

2月の追分梅林、大和橘、きずなや農園の作業予定

2月1日(水)〜10日(金)の平日9:00〜17:00
「50年前の梅の木(古木)の移設準備」
現在大和橘が植わっている場所にある梅の木を移設します。
梅の木の移設は、なかなか見られない作業なので、見学だけでもお越しください。

2月13日(月)〜20日(月)の平日9:00〜17:00

駐車場の整備と梅林内の危険箇所の修繕を行います。

2月21日(火)〜28日(火)
「大和橘の新たな苗木を植えるための準備作業」
土壌を掘り返して、柔らかいバーク肥料と混ぜ合わせていきます。
更に肥料を調合して混ぜ合わせていきます。

毎週木曜日15:00〜17:00 大和橘の液肥散布作業

【お手伝いをしてくださる方を募集しています】

未経験でも構いません。作業内容はきちんと説明、指導させていただきます。ご興味のある方、お手伝いをしてもらえる方は前日までに 0742-53-8666(担当:恩塚)までご連絡ください。

※どの作業も雨天中止となります。
※作業には、長靴、長袖、長ズボンの準備をお願いします。

若年認知症当事者の会「絆」新年会

平成29年1月14日

当事者の会の新年会を追分で行いました。和やかな雰囲気で開催でき、個々で現状の悩み等を話しながら今年もスタートしました。

天気は、今年最大の寒波の日でもあり、雪が降り始めたらすぐに中断も考えておりましたが、無事に開催できました。

新年会の合間に、今年の「大和当帰」の種植えも行いました。まずはポットに植えて苗を大きくしてから、3月後半の春先に畑に植え替えます。今年は300株植える予定にしております。今回植えた種の発芽を楽しみに、これから毎日観察していきます。

飛鳥時代の611年、「日本書紀」に推古朝の「薬狩り」が記されて以来1400年の歴史を受け継いできた奈良の薬草。なかでも薬草の宝物とされるのが「大和当帰」です。

1月の追分梅林、大和橘、きずなや農園の作業予定

1月5日(木)〜13日(金)の平日9:00〜17:00
「きずなや農園拡張作業」
きずなや農園を拡張します。拡張したところの土壌作りを行いますので、土に混じった石を拾っていきます。

1月16日(月)〜20日(金)の平日9:00〜17:00
「梅林内の古木剪定」
梅の木(古木)の剪定を行います。剪定した枝を集めて回ります。

1月23日(月)〜31日(火)
「大和橘の新たな苗木を植えるための準備作業」
土壌を掘り返して、柔らかいバーク肥料と混ぜ合わせていきます。

毎週木曜日15:00〜17:00 大和橘の液肥散布作業

1月14日(土)は、大和当帰の種を植えます。ポットに種を植えて、3月の地植えまで管理していきます。

【お手伝いをしてくださる方を募集しています】

未経験でも構いません。作業内容はきちんと説明、指導させていただきます。ご興味のある方、お手伝いをしてもらえる方は前日までに 0742-53-8666(担当:恩塚)までご連絡ください。

※どの作業も雨天中止となります。
※作業には、長靴、長袖、長ズボンの準備をお願いします。

12月11日 そば打ち体験イベント

12月11日(日)、おいわけきずなやステーションにて、そば打ち体験イベントを開催いたしました。

本イベントは奈良追分協議会主催のイベントで、そば打ちの講師としてNPO法人フードラボさんをお招きしています。こどもから大人まで世代間交流ができる楽しい時間でした。

講師の方の見本打ちの後に、すぐ傍で指導を頂戴しながら参加者の皆さんにそば打ちを体験していただきました。

dscf8945

そば粉に水を含ませて生地にし、

dscf8967

程よい力で練り、

dscf8989

薄くのばして、

dscf9002

細く切ってゆく。

初めはなかなか難しいのですが、講師の方々の熱心なご教授もあり、皆さん自身で打ったそばを持って帰っていただきました。

 

また、つい最近に植えた大麦が少し大きくなってきていたので、参加者の皆さんに麦踏みをしていただきました。

dscf9010

あえて麦を踏むことで、強くたくましく麦が成長していくそうです。

寒空の下でしたが、和気あいあいとやることが出来ました。

 

この日で全5回にわたるそば打ち体験イベントは一度終了します。参加してくださった皆様、ありがとうございました。またの開催の際には告知を行いますので、ふるってご参加いただけると幸いです。

12月15日 きずなやおいわけ農園 大和橘の収穫

成長した大和橘の収穫を行いました。

img_2904

 

 

 

 

 

 

 

 

垂仁天皇の時代から伝わってきた大和橘を育てて、それを収穫できるという事はありがたいことです。

不老長寿の実という伝説もあります。

柑橘系の原種である大和橘は、苦味もあり、酸っぱさも強烈です。

img_2905

実のひとつひとつを丁寧にハサミでとっていきました。

今年の収穫量は2本の木で6キロ強の収穫でした。まだ成長段階の大和橘の木が大きくなるのが楽しみです。

 

国際ソロプチミスト奈良 第30回チャリティーバザー

 

img_0581

12月2日に奈良ホテル内で行われました、国際ソロプチミスト奈良 第30回チャリティーバザーに出店させていただきました。img_0575

11月にきずなや農園で収穫した大和当帰の葉が、入浴剤の商品となって戻ってきましたので、新商品として出来立てホヤホヤを販売させていただきました。img_0577

 

 

 

 

 

 

 

 

浴槽内で、ゆっくりと溶け出してくる大和当帰葉の香りはリラックス効果もあり、体がポカポカに温まります。是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

img_0583

きずなやが販売させていただいた場所は、正面入り口の真正面に当たる場所で、来られたお客さんおおよそ700人の方が見ていってくださいました。

きずなやの活動を知ってもらうのに、このような販売機会を頂けたことに感謝いたします。