一般社団法人 SPSラボ / 若年認知症サポートセンター「きずなや」





 


SPS若年認知症サポートセンターきずなやでは、福祉・農業・観光をキーワードに認知症の人を中心にしたまちおこし活動をしています。
活動内容は、休園していた約3万3千坪の梅林の復興と、奈良の歴史ある薬用植物(大和橘・大和トウキ等)の栽培を中心にしています。
また、新しい取組もどんどん取り入れたいと考えていますが、地域の高齢化と広大な土地の広さのため、作業がなかなか進まない現状があります。
今後、ますます多くの人手が必要になります。 そこで、奈良おいわけでの認知症の人と一緒にまちおこしをする活動に関心のある方、
ボランティアで参加しようと思われる方等がいましたら、こちらにご連絡を下さい。

奈良おいわけコミイチプロジェクト ボランティア募集
【電話 又は メールでのお問い合わせ】
TEL:(0742)53-8666 Mail:info@kizunaya-oiwake.com 担当:恩塚(おんづか)迄よろしくお願い致します。
※山の中での作業が多いため、電話にでれない場合があります。ご了承下さい。

また、認知症に関するご相談も承っております。お気軽にご連絡ください。


2017年01月26日(木)「イベント」ページに「2月の農作業の予定」を掲載しました。

奈良おいわけコミイチプロジェクトの運営は 一般社団法人 SPSラボ / 若年認知症サポートセンター「きずなや」 が行っています。